カテゴリー
ダイエット

基礎代謝量を高めて健康的に痩せる!

若い頃は、いろんなスポーツにチャレンジして積極的に体を動かしていたけれど、年を重ねるにつれ40歳代に入った頃は、まったく運動する機会がなくなり、それどころか、好きな物を好きなだけ食べて飲んでという食べ過ぎの食生活も合わさって内臓に体脂肪が溜まり、メタボリックシンドロームと呼ばれるほどの肥満体型に陥ってしまう人は少なくありません。

このような肥満体型は、見た目の印象を悪くするだけでなく、非常に危険な健康状態にあります。

そんな人たちは、早急にダイエットを始めなければなりませんが、中には、間違った手法のダイエットを行ってしまい、さらに、健康状態を悪化させてしまう人もいらっしゃいます。

例えば、大幅に食事量を減らす無理な食事制限だけによるダイエット法です。

確かに、食べ過ぎの食生活が続いて肥満体型になってしまった人は、適正量の食事に減らさなければなりません。

しかし、どうしてもダイエットと聞くと、食事制限をしなければならないという思い込みが強いため、ただ単純に食事量を減らせば痩せられると思い込んでしまっています。

実は、健康的に痩せるために重要なことは、基礎代謝量を高めることです。

基礎代謝量とは、呼吸をしたり、内臓や心臓を働かせたり、体温を保ったりと、人が生きていくために最低限必要なエネルギー代謝のことです。

この基礎代謝量は、寝ている時や何もしないでじっとしている時でも、常に消費され、一般的な社会生活をしている人なら1日の総消費カロリーの60~70%を占めています。

ようするに、基礎代謝量を高めることができれば、特に運動などしなくても1日あたりの総消費カロリーが高くなり、食事で摂取したもののほとんどがエネルギーとして消費されるようになり、体脂肪として残りにくいということです。

ですが、食事制限だけによるダイエット法は、大切な基礎代謝量を低下させることになってしまいます。

確かに、大幅に食事量を制限すれば、最初は体重が落ちていきますが、それは一時的なもので、直ぐ停滞期が訪れてしまいます。

そして、この時点で、基礎代謝量も低下しているという大問題が発生しています。

食事制限だけで落ちた体重の中身の半分以上は、筋肉の消費によるものです。

体内で最も多く基礎代謝量として消費される器官は筋肉になりますので、筋肉量の減少は直接、基礎代謝量の低下につながるというわけです。

しかも、このように基礎代謝量が低下した体は、とても太りやすく、リバウンドしやすい状態にあります。

そもそも大幅に食事量を減らした食事は、いつまでも続くものではありません。

止めた途端に、リバウンドが襲ってきて、あっという間に激太りすることになってしまいます。

このようなダイエットの失敗を犯さないように、まずは、ダイエット=食事制限という間違った思い込みを捨てましょう。

現在、健康的に痩せるためには、基礎代謝量を高めることが最も効果的な手法とされています。

そのために大切なことは、筋肉量を増やすこと。

体脂肪を燃焼する効果のある有酸素運動も有効ですが、ますは、筋力トレーニングで筋肉量をアップすることを考えましょう。

カテゴリー
ダイエット

まずは、正しいダイエット法を知ることから・・・

テレビやファッション雑誌で活躍するモデルさんや憧れの芸能人のようなカッコよくて美しいスタイルに憧れてダイエットを始める女性は多いと思います。

そんな彼女たちは、一体どんな手法のダイエット法を探し求めているのでしょうか。

しかし、どうしても多くの女性は、楽で、簡単で、あっという間に痩せられるという魔法のようなダイエット法を臨んでいるようです。

それでは、「どんどん体脂肪が燃焼する・・・」というような甘い言葉を並べて販売されているサプリメントを飲むだけで、簡単に痩せられると思いますか?

高いお金を払い、エステなどに通うだけで健康的で美しく痩せられると思いますか?

このようなことを信じている方は、なかなかダイエットを成功させることができないでしょう。

そもそも、今まで好きなものを好きなだけ食べて飲んで、しかも、運動も全くしないという楽な生活を長年続けて太ってしまった方が、そう簡単に痩せられるわけがありません。

痩せたいと願う方の思いを甘い言葉で惹きつけて、ウソやまやかし、間違った手法のダイエットに騙される方は大勢いらっしゃいます。

このようなウソやまやかし、間違った手法のダイエットを実践してしまうと、お金や時間を無駄に使って、ただ痩せられないだけでなく、健康や美容面まで悪影響を受けて、取り返しのつかないことにもなりかねません。

もし、ダイエットを始めようと考えているなら、まずは、自分自身でダイエットの基本を勉強することをオススメします。

そして、これから始めようとするダイエット法が、物理的、科学的に理解できるものかということを判断して、正しいダイエット法を洗濯できるようにならなければなりません。

一般的で、現在、最も効果的なダイエット法は、運動と食事管理を併行して行うことです。

一口に運動と言ってもいろいろな運動があります。

ダイエットに大切なのは、まずは、筋力トレーニングで筋肉を鍛えて、それに、体脂肪を燃焼するウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を加えることです。

この運動で1日あたりの総消費カロリーがアップします。

そして、栄養バランスを意識しながら、その人の適正量の食事を規則正しく摂るように、食事管理すればいいわけです。

ただし、短期間ではなく、長期計画で長く継続することが重要です。

例えば、たった1ヶ月で5キロぐらい痩せたとしても、そこにはかなりの負担がかかっているので、必ずリバウンドが襲ってきます。

だいたい、3ヶ月で2キロ減くらいのペースが理想的です。

カテゴリー
ヘアケア

抜け毛が気になったらヘアケアを見直す!

薄毛になったり、多量の抜け毛が発生する原因にはいくつかありますが、間違ったヘアケアは薄毛や抜け毛などのトラブルが発生する原因になります。

正しいヘアケアで頭皮環境を正常に保つことで抜け毛を予防でき、発毛するための土台をきちんと作ることにも繋がります。

間違ったヘアケアには頭皮の洗い過ぎ、ドライヤーの使い方、頭皮などに合わないシャンプー剤や育毛製品の使用などです。

頭皮は洗うほど清潔になるイメージがありますが、シャンプーを使用して洗髪する目的には頭皮の皮脂を除去することで、必要以上に皮脂を落としてしまうと逆効果になります。

皮脂は頭皮を乾燥などから守る役割があり、頭皮の皮脂を洗髪によって過剰に取り除くとバリア機能までも壊してしまうことになります。

頭皮の皮脂を取り除き過ぎると、頭皮が乾燥し角質が固くなり、不足した皮脂を補うために皮脂の分泌の異常が起こり、毛穴を塞いだりして髪の毛の脱毛を促進させます。

シャンプーも洗浄力の強いタイプを使用することも頭皮に負担を与えて良くありません。

低刺激のシャンプーを選ぶことも大切なことです。

ドライヤーの使い方も大切です。

ドライヤーの熱を髪の毛に当て過ぎると髪の毛の組織を壊してしたり、頭皮のバリア機能を破壊するなど頭皮のダメージに繋がります。

抜け毛が気になって合わない育毛剤などを使用しても頭皮環境を悪化させてしまいます。

育毛剤には様々な成分が配合されていますが、肌のタイプによっては刺激が強すぎることがあり肌荒れや頭皮の乾燥に繋がります。

また、薄毛の原因は女性と男性とでは異なります。

配合されている成分にも違いがあり、ホルモンバランスをコンロールするタイプの製品は注意が必要です。

シャンプーの選び方も大切で、ノンシリコンシャンプーが髪の毛や頭皮に良いイメージがありますが、シリコンの有無は頭皮の状態に影響せず、シャンプーの良し悪しはシリコンが入っているかいないかということではなく、洗浄成分の合成界面活性剤に影響されることが殆どなのです。

抜け毛を改善するためには食生活や生活習慣の見直しも必要ですが、まずはヘアケアの見直しも大切なことです。

ヘアケアを正しく行なうことで抜け毛も改善されることが期待できるのです。